フランチャイズにおすすめのパーソナルジム

パーソナルトレーナーの資格がないとFCでもジム開業は無理?

ジムの開業に資格は必要?

パーソナルトレーニングジムのフランチャイズは年々ニーズが高まって来ている業界です。
パーソナルトレーニングジムを開くには、個人で開業しても大丈夫ですが、フランチャイズに加盟して開くことももちろんできます。
しかし、パーソナルトレーニングジムを開く際に、何かしらの資格がないとオーナーになるのは不可能なのでは?という疑問もありますよね。
今回は、パーソナルトレーニングジムを開く際に必要な資格についてまとめてみました。

パーソナルトレーナーとは?

パーソナルトレーナーとは、トレーニングをする人(トレーニー)と、訓練・指導をするトレーナーがマンツーマンでトレーニングを行うことを指します。
元々は、スポーツ選手やアスリートなどの専門的な分野で活躍する人に向けて指導するものだったようですが、最近ではリハビリや体力作りなど、一般の人にも身近なものになっています。

パーソナルトレーナーの資格というものは存在しない?

そもそも、パーソナルトレーナーという資格は存在しません。
パーソナルトレーナーは国家資格ではなく民間資格なので、厳密に言えばパーソナルトレーナーになるための必要な資格は存在しません。
ですが、例えば従業員として雇われる場合は雇い主(雇用してもらう会社)が定めている資格を取らなければいけない場合ももちろんありますし、業務委託でジムを開く場合でも、資格を取らなければ請け負わせてもらえない場合もあります。
独立して開く場合は、資格は必須とはなりません。ですが、人の身体に関わってくるサービスなので、資格はあるに越したことはありません。

パーソナルトレーナーの資格「NESTA-PFT」

パーソナルトレーナーに有利な資格、持っていると便利な資格はNESTA-PFTという資格です。
多くの国で認められている資格ですが比較的取得しやすいので、「まだトレーナーとしての経験が浅い」「トレーナーとしては未経験だけれど、ジムのオーナーになることを目指している」という方にはおすすめです。
また、今まで一切ジムトレーナーとしての勉強をしてこなかった方でも、専門の養成講座や養成コースを受けることができる資格です。
「とにかく何かしらのトレーナーになるために勉強する」という人におすすめです。

パーソナルトレーナーの資格「JATI-ATI」

もう一つ、パーソナルトレーナーになる際に有利な資格があります。それは「JATI-ATI」です。
日本トレーニング指導者協会によって発行されているこの資格は、日本国内のジム・フィットネスでは多く知られ渡っています。
ただし、NESTA-PFTのように、協会が設定している専門講座などがあるわけではないので、自分の経歴などに縛られ、受験が出来ない場合もあります。
100%必要な資格というわけではありませんが、知名度こそ高いので、持っていて損はないと思います。

パーソナルトレーナーの資格なしでジムは開ける?

パーソナルトレーナーになって、ジムのオーナーとしてやっていきたい!と思ったときに、ジムの資格なしでFC開業することは可能なのでしょうか?
答えは「Yes」です。現段階でジムやフィットネスでの実務経験が無くても、無資格でも、FCでパーソナルジムを開くことは可能です。
なので、全く別の職種からパーソナルトレーナーに転職する方もとても多いです。無資格でも養成講座に通ったりして、最終的には資格を取得するオーナーさんもいます。

パーソナルジムを開くのにおすすめのフランチャイズは?

フランチャイズでおすすめのパーソナルジム

では、パーソナルジムを開く際におすすめのフランチャイズの起業はどこなのでしょうか?
需要のあるパーソナルトレーニングジムの中でも特に注目されているフランチャイズ企業「心身健康倶楽部」をご紹介します。

心身健康倶楽部とは?

新宿区四谷を拠点としている、パーソナルトレーナージャパンが運営している「中高年向けのパーソナルトレーニングジム」です。
高齢化社会が問題視されている現代の日本で、いつまでも元気に生活したいと願っている中高年の方に向けて開かれた日本初の中高年向けジムです。

心身健康倶楽部の特徴は?

心身健康倶楽部は、異業種のかたでも独立未経験の方でもFCで開業することが出来ます。
未経験の方の為の「パーソナルトレーナー起業入門講座」という講座を定期的に行っているので、誰でも参加しやすいです。
需要がとても高まっているパーソナルトレーニングのジムは、週末起業を視野に入れている方にもオススメです。
パーソナルトレーニングジムは、平日の昼間だけでなく、夜間・土日祝日にもニーズがあるので、オーナーやトレーナーのスキマ時間で収入を得ることだって出来ます。
中には、土日などの週末起業だけで年収700万を超える事例も。独立1本に絞っても、十分すぎるほどの収入が見込めます。

パーソナルトレーナーの資格まとめ

パーソナルトレーナーに資格は必須ではありませんが、持っているに越したことはありません。
逆を言えば、無資格でも始められるパーソナルトレーニングジムのオーナーになるには、サポートがしっかりしているフランチャイズで開業するのがおすすめです。
パーソナルトレーニングジムでの起業を考えている方は、心身健康倶楽部などのフランチャイズを検討してみてはいかがでしょうか?