トレーニングジムを運営する前に覚えておきたいこと

パーソナルトレーナーには資格は必要?どんな知識や勉強方法が重要?

ジム運営に知識は必要なの?

健康ブームが爆進する中、さまざまな業態のフィットネス・トレーニングジムが登場していますね。
特に近年動きが盛んなものが、【パーソナルトレーニング】
パーソナルトレーナーがマンツーマンで指導するそのスタイルは高級志向&健康志向が相まってマスコミでも取り沙汰されています。
そんなパーソナルトレーナーになるにはどうしたらよいのか?必要な知識や資格、勉強方法などをこのページではお話させていただきます。

パーソナルトレーナーに求める知識や資格とは?

パーソナルトレーナーになりたい!そう思う方はまず、どんな勉強が必要なのか?取得しておかなければいけない資格は何?と考えることでしょう。
しかし、パーソナルトレーナーには公的な資格は存在しないため、資格がなければパーソナルトレーナーの活動してはならないというものではないので、資格がなくてもなることは可能です。
つまり、国家資格のような業務・名称独占資格などは存在しないってことになるのですが、代わりに民間認定資格は多数存在します。
民間資格を取得しておくことで、パーソナルトレーナーへの就職や新しく業態に参入するときには大きなメリットになるでしょう。

パーソナルトレーナーで有名な資格とは?

日本でブームとなっているフィットネスなどは、代替海外から輸入された内容のものが多いため、パーソナルトレーナーで有名な資格も国際的に認知度が高い資格を取得する方が多いです。
特にNESTA-PFTやNSCA-CPTなどはパーソナルトレーナーの登竜門的な資格として多くの方が取得しています。
この2つの資格は取得条件のハードルが低いので勉強しやすいこともあるでしょう。

何を専門にするのか?で勉強内容も変わる

パーソナルトレーナーといっても全てのことをひとりでできるとは限りません。
どこかのトレーニングジムで働くときなどは、専門的なものだけの担当になるかもしれません。
加圧トレーニング、筋トレ、ダイエット、ヨガ、その他スポーツなど専門性は多彩。どれかの知識に絞って勉強していくことも全ての知識を勉強していくことも、今後のあなたの方向性によって変わってくることでしょう。

体の知識は必要

人の体を変えていくことがパーソナルトレーナーの仕事ですので、人体としての知識は必要になってくるでしょう。
例えアバ、NSCA-CPTの受験資格にはCPR(心肺蘇生法))・AED(自動体外式除細動器)の技能に関する講習を受けた方となっています。
トレーニング中はどうしても過酷な状況を作ってしまいます。万が一を考えても人体の知識は必要になってきますね。

無資格でも目指せるパーソナルトレーナー

トレーニングジムを運営する前に覚えておきたいこと

上で紹介したように、パーソナルトレーナーには国家資格はありませんので、何かしらの資格がなくても職として就くことは可能です。
方法として一番簡単なのが、どこかのトレーニングジムにアルバイトなり社員なりで就職することです。
経験者は資格保有者と一緒に仕事をすることで、知識や経験などのスキルが身に付きますので、自ずと毎日の仕事が勉強になっていくことでしょう。
ある程度経験を積んだところで独立をしてもいいですし、資格取得を目指してもいいかもしれません。
今後パーソナルトレーナーとしてどこまで働くかはあなたの気持ち次第といえるでしょう。

ライセンス制を導入するトレーニングジムもある

全国的に大規模展開を行うトレーニングジムなどでは、ジム内で認定する資格などもあります。
社内研修や実技試験、保有資格などからライセンスを発行する。そしてパーソナルトレーナー契約を結ぶなどトレーニングジムによって働き方はさまざまです。

コミュニケーション能力は不可欠

1対1で行るパーソナルトレーナーは、ユーザーといかにコミュニケーションをとれるかが、一番重要になってくるでしょう。
どれだけ人体の知識が豊富であってもコミュニケーション方法が間違っていたら、満足な指導をすることは難しいでしょう。
美容院で思っていた髪型と違ったらもう一度その美容院に行こうとする方は少ないのではないでしょうか?
パーソナルトレーナーも美容師と同じでユーザーの方と向き合って指導するための経験や知識も必要になってくることでしょう。

パーソナルトレーナーになるための勉強方法や資格とは?まとめ

パーソナルトレーナーには国家資格のような業務独占資格などはないため、資格がなくても働くことは可能です。
しかし、ほとんどのパーソナルトレーナーは何かしらの資格を有しており、激しいトレーニングを行うこともあるため、人体に関する勉強や知識はとても豊富です。
どこかのトレーニングジムに所属することでそこで経験者や資格保有者と一緒に仕事を行うこと自体が勉強になるので、そこで知識をつけ資格取得を目指したり独立したりすることもできるでしょう。
とはいっても、1対1で行うパーソナルトレーニングですので、コミュニケーション能力は絶対に不可欠なものであるのは間違いないでしょう。
ぜひ、パーソナルトレーナーを目指す方はカリスマトレーナー目指して頑張ってください。