副業のメリット

副業でパーソナルジム経営をするメリットとデメリットとは?

副業で稼ぐ

副業としてパーソナルジムを経営する事はできるのでしょうか?
日本企業の間で副業解禁の動きが高まってきた事もあり、最近では副業が注目を集めていますよね。
本業の傍ら、自分の興味のある分野で稼ぐ事ができる副業は中々魅力的に思えますよね。
それでは、人気の高まってきているパーソナルジムの経営については、副業としてやっていく事が果たして可能なのでしょうか。
そのメリットとデメリットについて迫ります。

副業としてパーソナルジム経営を目指す前に…

例えば身体を鍛える事が好きな方、誰かに指導をして喜ばれるのが好きな方は、自分のパーソナルジムを持って経営するのは魅力的に映ると思います。
そして、本業として普段は会社勤めをしていても、空いた時間や休日を利用して、副業としてパーソナルトレーナーやパーソナルジム経営をされている方もいらっしゃいます。
そんな話を聞くと、自分もぜひ副業でパーソナルジムを経営したいと思われるかも知れません。
しかし、まずは『副業』について、しっかりとチェックしておかなければいけない事もあります。

まずは『副業OK』なのかしっかり確認!

副業を許可している企業が増えているとはいえ、まだすべての企業がそれに該当している訳ではありません。
ですので、本業の規則違反とならない為にも、本来の勤め先で副業が許されているのかどうかをしっかり確認しておきましょう。
本業が副業禁止の中、どうせバレないだろうと思ってこっそり副業を始めても、思わぬところからバレて職を失う事にもなりかねません。
何より、副業の方にもしっかり打ち込めませんよね。

『副業』だって仕事

当然の事だと思われるかも知れませんが、副業だって立派なお仕事です。
金銭面として収入も発生しますから、それだけお客さんに対しての責任も発生しています。
そんな中で、本業と副業がどちらも疎かにならずに継続していけるのかも重要なポイントです。
副業なんて言うとどこか軽い様なイメージもありますが、仕事は仕事。
安易な気持ちや手抜きでやる事は絶対にやめましょう。

副業でパーソナルジム経営をするメリット

副業のメリット

それでは、ここからは副業でパーソナルジム経営をする際のメリットとデメリットについてチェックしていきましょう。
まずはメリットの方からご紹介いたします。

メリット 1. 収入源が増える

どんな副業でも、一番大きなポイントは収入減が増える事ですね。
本業だけでは収入が足りない、という方でも副業によって補えるのは大きなメリットです。
低賃金の会社に勤めていて副業も禁止、などという環境では収入アップも見込めにくいですし、社員を囲い込まずに副業自由にしている企業の方がかえって離職率が低いというケースも報告されています。

メリット 2.好きな事を仕事にできる

自分の好きな事や興味のある分野を仕事にできる…これも大きなメリットですね。
小さい頃には誰しも色々な夢・なりたい職業を抱くものですが、成長するにつれて諦めてしまう方も多いですよね。
好きな事は仕事にしてはいけないとか、好きな事で食べていけるほど甘くはない、なんて言われていた事もありましたが、時代は変化しています。
そもそも、自分の興味のある事を仕事にすれば、モチベーションや生産性のアップ、ひいては自分自身の向上にも繋がるはず。
ですので、本業の傍らで興味のある分野の副業をする事は、人生を充実させる上でもメリットがあると考えられます。

メリット 3.経営に成功したら…

もし、副業でパーソナルジムの経営に成功した時には、本業以上の収入を見込めるかも知れません。
またそれだけではなく、副業だったパーソナルジム経営を本業にする事も不可能ではないかも知れません。
全ては努力次第、仮定の話とはなりますが、運良く成功した場合のメリットも大きいですよね。
そういった面でも、副業としてチャレンジしてみるのもアリという見方もあるでしょう。

副業でパーソナルジム経営をするデメリット

では、今度は反対に、パーソナルジム経営を副業でやった時のデメリットについて見てみましょう。
やはり何事も、良い事もあれば悪い事もあるという訳ですね…。

デメリット 1.時間の使い方

副業をするという事は、本業での勤務で使われていない休日や終業後の時間を使って別の仕事をするという事です。
つまり、本業との兼ね合いが問題となってきます。やはりどちらもきちんと両立させなければ意味がないですよね。
また、健康面を考えれば、自分の好きでやっている事とはいえ、ずっと働きっぱなしという訳にもいきません。
本業で疲れて、心身共に休息をしたい時間を使って副業する訳ですから、時間面でも体力面でも考慮しなければならない所は多いでしょう。

デメリット 2.税金対策

副業する上で少しややこしくなる問題が、税金対策です。
特にパーソナルジム経営として独立するならば、その際の税金などはどうするかも考えなくてはなりません。
本業であれば勝手になされていた事を、自分で全てしなければならない場合もあります。
いざという時にトラブルが発生しない様、大切な事は事前にしっかりと確認すべきと言えます。

デメリット 3.本業との両立

先程から何度も述べている事ではありますが、やはりいかに本業と両立していくかが大きな問題です。
パーソナルジム経営となれば、折角来てくれたお客さん1人1人としっかり向き合い、適切な指導をしていく事が必要です。
その為には経営の勉強だけではなく、トレーニングなどに関する勉強もきちんとして、正しい知識を身に付けている事が大前提ですよね。
本業の傍ら勉強もしてお客さんとも向き合って…というかなり忙しい日々を送らなければならないという点も、事前にしっかり押さえておきたい所です。

副業でパーソナルジムをするメリットとデメリットまとめ

副業でパーソナルジム経営をするに当たってのメリットとデメリットを見てまいりました。
やはり良い事ばかりではないものなので、いかに本業と両立して続けられるかが大きな課題といえます。
これらのメリット・デメリットも参考に、パーソナルジム経営の副業を検討してみてくださいね。