トレーニングジムのFCって儲かるの?

パーソナルジムにFC加盟は儲かるのか?その理由とは?

個人でもFC加盟できる?

今流行りのパーソナルジム。 個人で独立して行う方は、マンションの一室などをジムにして活動を行ったりしていますね。
お客さんと1対1だからこそできるそのシステムですが、パーソナルジムを行う方法としてはFC加盟しても行うことはできます。
パーソナルジムが儲かるのか?儲かる場合のその理由な何か?お話させていただきます。

パーソナルジムを個人で行う場合

パーソナルジムは1対1でお客様と向き合うことができるため、個人で行うことも可能です。
マンションの1室等を借り、そこで行う。
開業資金を抑えることができることができるので、手元資金が少なくても始めることは可能です。

マイクロジムが今急増中

今、フィットネス業界はホットで成長著しい業界です。
そのため、大手FCも出店を急ピッチに進め、エリア確保に奔走しています。
それに合わせて大手FC以外の個人経営のジムも今は出店が続いています。
マンションの1室を改築してパーソナルジムを開業する、いわゆる「マイクロジム」が今出店ラッシュになっているんです。

どれだけあなたに魅力があるのか?

しかし、ある程度パーソナルジムとしての実績がないと個人で始めても儲かることは難しいでしょう。
マンションの一室で行うには一般のお客さんはまず警戒します。よほど顧客を抱えてからではないと売上はなかなか上がりません。
つまり、新規でこれから始める方にはまずは大手パーソナルジムで下積みを行い、顧客を集める個人の実績を作ってから活動しないとならないことになります。

パーソナルジムをFC加盟で儲かる理由

トレーニングジムのFCって儲かるの?

では、次にパーソナルジムをFC加盟して儲かるのか?その理由を見ていきましょう。
まず、FC契約をするということは、本部側とオーナー側どちらにもメリットがあるから契約し加盟します。本部側としては出店費用を掛けず店舗を増やしロイヤリティを得ることができる。オーナー側は本部の名前とノウハウを得ることができます。

業界自体が大きい

スポーツジムやフィットネスなど、業界の市場が大きいためまだまだ参入の余地があるでしょう。
地域コンセプトにマッチしたパーソナルジムを開設することができれば一気に顧客を抱え込むことができます。
こういった市場調査はFC本部が手伝ってくれることでしょう。もし、個人で市場調査まで行っていたら開業すること自体が難しくなってしまいます。
パーソナルジムは筋トレだけじゃありません。1対1で教えることができるスポーツならなんでもですので、無限の可能性があります。

【FC加盟で儲かる理由】定期収入がある

FC展開を行うほどの本部であればある程度知名度が高いパーソナルジムになるでしょう。そのため、自分で立ち上げるよりも新規顧客は集まりやすいです。本部で抱える有名なパーソナルトレーナーをOPEN時に出張させ集めることもあるでしょう。
ある程度1人あたりの顧客単価は決まっているので顧客数をどれだけ獲得するか、顧客が離れない環境を整わせるノウハウがFC本部にはあるので定期収入が見込めます。

【FC加盟で儲かる理由】パーソナルトレーナーの育成

費用が掛かることとして人材育成があります。この人材育成こそが、安定して顧客を獲得するためには重要であり、そのパーソナルトレーナーが目的でみなさんセッションに参加します。
FC加盟することで、人材育成のノウハウを得ることができます。外部からの契約トレーナーとも最初の契約時のやり取りも行いやすいですし、こういったノウハウを得ることはランニングコストを減らすことにもなり、FC加盟する大きなメリットになるでしょう。

個人でFC加盟することは可能か?

大手FCの場合、そのほとんどは大きなスタジオを用意し各トレーナーのレッスン時間を設けパーソナルトレーニングを行うことになるでしょう。
何百坪という大きなトレーニング施設を用意しなければならないため、開業資金が一般のFCビジネスよりも高くなってしまい、個人でFC加盟はとってもハードルが高くなります。
ただ、マンション一室から始められるパーソナルトレーニングですので、FC本部の中には、小スペースからでも加盟契約できるところもあるので、もし個人でFC加盟したい場合はそういった契約ができる本部を探してみてはどうでしょうか?

パーソナルジムがFC加盟して儲かる理由まとめ

1対1で行うパーソナルジムはマンションの1室から始められる低投資型のビジネスでもあります。
しかし、余程の実績がない限り新規で個人で行うのは成功しないでしょう。
FC加盟することで本部のノウハウを得ることができるため、顧客を獲得し初期投資を早く回収することができます。
ただ、大手FCジムなどはスタジオを大きく作ることが大きくFC加盟には法人ではないとダメなところもあります。
個人でFC加盟しパーソナルジムを開く場合は、スタジオの広さの確保条件や初期投資費用などを確認し加盟契約を結んでいきましょう。